家の湿気対策は、家の風の通り(通風)を良くすることが基本です

「木造住宅の大敵は、今も昔も床下の湿気とシロアリです」とお伝えしていますが、家の湿気対策の基本は、何よりも家の周りの風の通り(通風)を良くすることです。快適な暮らしは、湿気が少なく、暑くもなく、寒くもない環境が整ってこそ得られるものです。自然な形で家の風の通りを良くすることは、家づくりにおける持続可能な社会の実現の第一歩になります。

やり直しが難しい家づくりは、最初の「建築計画」が大切です

家を建てたい!と思ったら、敷地周辺の自然環境(地形、日照、気温と湿度、風など)や街並みに配慮した家づくりを考えましょう。その第一歩は、先ず敷地内の建物の配置を考えることです。やり直しが難しい家づくりは、最初の「建築計画」が大切です。以下、建築士さんと一緒に考えましょう。

家の周りの風の通り(通風)を確保するためには

①建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)は可能な限り小さくしましょう。住宅密集地では難しい数値ですが最大でも50%が望ましいでしょう。建ぺい率の最大値は地域ごとに法律で定められています。
②崖や隣家との距離は4m以上を確保しましょう。
③通風を妨げるブロック塀は無くしたいですが、設置する場合は一方向の設置に止めましょう。
④敷地は日当たりと乾燥が大切です。できれば南側に空地が確保された建物配置に努めましょう。また敷地には1%から2%の水勾配をつけて雨水を積極的に排水しましょう。
⑤崖下や窪地、水はけの悪いところは水路(U字溝・暗渠排水)を設置して排水しましょう。U字溝の目地(モルタル)はしない方が排水効果が期待できます。
⑥庭づくりは湿気を誘うので小さくしましょう。

次に、「建築設計」時に配慮することは、窓の配置を工夫して家の中(室内)にも風の通りを確保しましょう。高気密・高断熱住宅でも必要なことです。さらに室内は、調湿機能を持った自然素材(無垢材・土壁・紙など)を積極的に使いましょう。

通風が期待できないときは、積極的に床下湿気対策をしましょう

敷地が崖に近い、窪地、住宅密集地という条件であれば、家の風の通り(通風)が期待できません。床下の湿気対策によりカビやシロアリの発生を防ぎましょう。近江通商の建築士が「床下調湿竹炭」「竹炭パワーで快適な住まいづくり」で解説しています。詳しくお知りになりたい方は是非ご覧ください。