イベント開催のお知らせ

研修会のご案内

2018.9.15
8月2日に投稿させていただきました「林業を好転させる」には多くの反響がありました。そして、多くの皆様と相談させていただいた結果、下記のとおり「わかりやすい熱化学還元処理技術と施設見学会」を開催することになりましたのでご案内を申し上げます。

わかりやすい熱化学還元処理技術と施設見学会
滋賀県湖南市の株式会社野村隆哉研究所 野村隆哉氏(前京都大学木質科学研究所)が確立した熱化学還元処理技術は、「丸太でも製材品でも熱化学還元法によって木材の形状・寸法安定と乾燥を同時に行える」というものです。これまでの人工乾燥の問題が解消できそうです。この度、野村隆哉氏から熱化学還元処理技術について、わかりやすくお話をして頂くことになりました。併せて、実際に稼働されている京都府宇治市の施設を訪れ、藤田剛士氏から事業説明をしていただきます。

  • 開催日時:平成30年11月16日(金)
    • 午後12時30分から     受付(滋賀県林業会館)
    • 午後1時から午後2時30分  わかりやすい熱化学還元処理技術
    • 午後3時30分から午後5時  熱化学還元処理施設見学(宇治市)
  • 研 修 会:滋賀県大津市におの浜4丁目1-20 滋賀県林業会館
    • 最寄り駅は、JR膳所駅または京阪膳所駅から徒歩10分です。
    • 駐車場は、びわ湖岸の有料駐車場などご利用ください。
  • 施設見学:京都府宇治市二尾善前谷9-1 ㈱藤田木材 加工作業所
    • 滋賀県林業会館から乗合いで移動します。移動時間は約50分です。
  • 参加費用:お一人様1,000円
  • 定  員:最大30名様まで(各団体2名様まで。先着お申し込み順)

この技術を生かした施設が日本各地にできれば、日本の林業は好転できる、と確信しています。各地からご参加をお待ちしています。

  • 参加申込み方法
    • 参加ご希望の方は、参加申込書を郵送またはFAXにて送信してください。
    • 参加申込書は、下記のボタンからダウンロードできます。
    • Emailでお申込みの方は、参加申込書に基づく内容を記載の上、参加申込書に記載のイベント専用のEmailアドレス宛に送信してください。
      「林業を好転させる」実現させましょう。

林業を好転させる

2018.8.20
「林業を好転させる」そんな話あるの? と多くの方が思われることでしょう。実は、あります。

ご存知の方も多数おられると思いますが、滋賀県湖南市の株式会社野村隆哉研究所 野村隆哉氏(前京都大学木質科学研究所)が確立した熱化学還元処理技術の実用化です。

私は昨年、この話を野村氏から直接聞く機会がありました。そして、実際に稼働している宇治市の施設にも二度訪れました。この技術を生かした施設が日本各地にできれば、日本の林業は好転できる、と確信しています。端的にいえば「丸太でも製材品でも熱化学還元法によって木材の形状・寸法安定と乾燥を同時に行える」というものです。人工乾燥の問題は解消します。

私はこの技術を素材の商品化という視点で見てきましたが、知人のアドバイスもあって、日本の杉・桧を大量に安定的に利用するためには、素材の良さと共に工業製品化(JIS)が必要と考えています。野村氏もホワイトウッドを例にあげて工業製品化の必要性を話されています。熱化学還元処理技術については野村隆哉研究所ホームページをご覧ください。
http://nomuratakaya-institu.la.coocan.jp/ja/index.html

野村氏は学者ですので、私は野村氏の話や資料を理解にするのに時間がかかりました。なので、「わかりやすい熱化学還元処理技術と施設見学会」を開催したいと考えています。もちろん野村氏を招いて実施します。参加ご希望の方はコメントまたはメール等でご連絡ください。林業関係者だけでなく政治・行政関係の方にも十分役立つものと思います。

最少履行人員10名。実施時期は、平成30年11月または12月を予定しています。会場は、滋賀県または京都市。参加費用は@1,000円程度。参加希望者のご都合にも配慮して詳細を決めたいと思います。「林業を好転させる」実現させましょう。


a:566 t:12 y:20