床下に防湿シートは必要ですか?

木造住宅の床下が土の「布基礎コンクリート」の場合、地面からの湿気で害虫にはとても居心地の良い空間となっています。その害虫の中で心配なのはシロアリです。

防湿シート(ポリエチレンシート:厚さ0.1mm)

そこでリフォーム時には、地面からの湿気を遮断することを目的に防湿シート(ポリエチレンシート:厚さ0.1mm以上)を施工することをお勧めしています。防湿シートを敷くことで、床下調湿材「床下調湿竹炭」の使用量を減らすこともできます。
「防湿シートは必要ですか?」と問われれば「はい」との答えになります。

しかし、宅地周辺の地形や土質によっては、床下の土に触れると明らかに水分が含まれているのが分かる現場があります。床下で四つん這い(腹ばい)になった時、手袋やズボンの膝が土に含まれた水分で濡れてしまう現場です。このような場合、防湿シートを施工すると防湿シートと土の間に大量の水分が滞留(結露)することがあります。地面からの湿気を遮断するという目的に対して一定の成果が得られているのですが、いろいろと気にされる方があります。このような現場には、予算に余裕があれば防湿シートを敷いた上に厚さ60mm以上のコンクリートを打ち、その上に床下調湿材「床下調湿竹炭」を置くことをお勧めしています。

専門家(建築士・工務店・シロアリ事業者)の方と一緒に床下の調査を行ったうえで、床下の湿気対策を考えましょう。近江通商の建築士もお手伝いさせていただきますので、お気軽にお問合せください。床下の湿気対策に詳しい近江通商の建築士が「竹炭パワーで快適な住まいづくりを解説」しています。是非、ご一読ください。