シロアリが怖い理由は、木造建築の構造に甚大な被害を与えるから! でも、日本には昔から「床下に炭」という里山文化があります

シロアリは日本のほぼ全域で生息が確認されています。シロアリは湿った環境を好み、主に床下に棲みつき、木材を栄養源としています。木造住宅の大敵は今も昔も床下の湿気とシロアリなのです。でも、日本には昔から「床下に炭」という里山...

床下に防湿シートは必要ですか?

木造住宅の床下が土(布基礎コンクリート)の場合、害虫にとっては地面からの適度な湿りにより居心地の良い空間となっています。その害虫の中で心配なのはシロアリですね。 そこでリフォーム時には、地面からの湿気を遮断することを目的...

なぜ床下に湿気が溜まるの? そして・・・

木造住宅を支える基礎は、布基礎コンクリート(床下が土)やベタ基礎(防湿仕様)、独立基礎などがあります。しかし、どの基礎であっても木造住宅の床下は地面に近く、湿気が溜まりやすい構造になっています。 宝物を湿気から守るために...

白炭と黒炭

前回の記事「木炭と竹炭」に続いて、今回は「白炭と黒炭」についてです。炭には、白炭と黒炭の二種類がありますが、炭焼き完了時の消し方で区分されます。炭の表面に灰がついて白いのが白炭、灰がつかず黒いのが黒炭です。意外と分かりや...

木炭と竹炭

前回の記事で、薪炭林の復活「里山再生」と書きました。確かに目に見える形での里山再生は薪炭林の復活なのですが、私は里山という言葉には、その地域の景観や環境、生きもの、伝統、暮らしや文化などが含まれると解釈しています。これは...

薪炭オヤジの夢

薪炭オヤジこと近江通商の堀久好と申します。いま雑木林は薪炭林としての役割を失ってしまいましたが、薪は薪ストーブや焚火の商材として、炭は燃料だけではなく、環境改善機能に優れた商材として高い評価が得られるようになってきました...